TOP

|

PHOTOGRAPHER

PHOTOGRAPHER

写真家

hiromasa

HIROMASA

高校時代、アメリカ/ミネソタ州に留学。70年代のロック・カルチャーに影響を受け、ミュージシャンをめざす。
帰国後、ミュージシャン活動を続けつつ、上智大学外国語学部比較文化学科に入学。 故加藤周一氏に師事し、社会、文化の視線を養う。渡米。
NYのファッション工科大学(FIT)で写真を学んだ後、Denis Piel, Steven Meisel,Lothar Schmidなどのアシスタントを経て、
88年に仏版ELLE誌でデビュー。その後、透明感のあるエレガントな作風でNYとパリを中心にファッション、ビューティーの写真家として活動。
90年代はUS GLAMOUR、英国MARIECLAIREのカバー契約を継続して結ぶ。
2000年以降、デジタル写真の隆盛と共に写真が本来持つ力について考えはじめ、撮影対象が建築文化や環境風景に広がる。
VOGUEITALIAのCASAを中心に建築系のルポルタージュ写真を発表。
その頃、芥川賞作家の平野啓一郎の特別編集「Public Space」/x-knowledgeの写真とクリエーティブ・ディレクターを務める。
近年では写真の原点に戻るという意味を込め、ポートレート作品も多く発表。
日本で真にグローバルな視線を持つ有名無名人を撮影するプロジェクト震災復興期の日本人のエレガンスを追うシリーズ「エレガントな人々/Elegant people」2013年を始め、
ヘアスタイリスト加茂克哉氏とコラボレーション作品「Tokyo Punk」は、NYメトロポリタン美術館の「パンク展」2013年にコンセプト参加を果たす。
パリの若い日本料理人を被写体にした「Japanese chef in Paris」2014年、フランスの若手俳優達のポートレイト”「French actor’s studio」2017年を発表。
ポートレイトへの取り組みは今までの活動の集約を感じられる、という。
東京では、2018年からVOGUE JAPAN GQ,L’Officiel JAPONにてモードとセレブリティーを中心にエディトリアル撮影を再開している。

WORKS

実績

img02

内田也哉子と伽羅(Vogue Japan掲載)

img03

West side park,NY(Public space平野啓一郎特別編集)

img03

Night fall(David Lynchの”Mulholland drive”から)

img03

蛯原友里(Paris)

CHRONOLOGY

年表

Hiromasa Sasaki/1973-present

米国ミネソタ留学(高校時代)
1980 上智大学比較文化学科卒後、NYのFITにてファッション写真を学ぶ
1987 仏版ELLEにてデビュー。
 ~ 以後透明感のあるエレガントな作風で、NY、パリを中心にファッションとビューティ系の写真家として活躍している。
1993 Glamour US(米国コンデナスト社)とカバー契約を結ぶ。
<20 of the Best Glamour Glamour Covers of All Time/1992 hiromasa>
1994 英国のMarie Claire誌とのカバー契約
2004 Casa Vogue/Italia
Black Japan, Unexpected Praha 60”s, Japan is blossoming,etc
2006 Public Space/x-knowledge 刊 芥川賞作家/平野啓一郎責任編集
   West side park/NYC, Atomic shelter/Switzerland
2008 Flowers/Daniel Ost
2013 Elegant People/エレガントな人々 震災復興期の日本人のエレガンスを追う(ポートレイト写真のシリーズを開始)
2016 Japanese Chef in Paris/パリの若い日本人シェフ
2016 Tokyo Punk w/Kamo Head Punk展参加作品
Warriors w/Kamo Head

2017 French Actor’s Studio/フランスの俳優達のポートレイト
2018 Hiromasa Portarit Studioを東京ベースで起動
内田也哉子&伽羅/Vogue Japan
2019 Tokyo Magazine/Tokyo Metropolitan Governmen